tomokoせんせいの「少し」ためになるピアノブログ

ピアノ先生歴20ン年のお母さん先生のブログです。右手2の指にジストニアを持ちつつも、9本指で演奏活動もしています。ピアノの上達はもちろん、子どもたちの心の成長のお手伝いができたら、と日々レッスンに取り組んでいます。

レッスン受講してきました

来月初旬にあるコンサートに向けてレッスンを受けてきました。 ドヴォルザークの連弾曲、スラブ舞曲1番10番15番です。おはなしと連弾という名目だからおはなしと進行の持って行きかたなども見ていただきました。 先生お一人なんだけどネタ見せは緊張します。…

オタマトーンで弾いてみた~ドヴォルザーク「ユーモレスク」

なんて久々、お久しぶりのオタマトーンネタです。一時の人気は冷め、あの人は今状態、もうすっかり忘れ去られた存在になってしまったけどユーモラスなその風体にまだまだ活躍のポテンシャルはあると思うんだけどなあ。もてはやされなくてもいいから、おもし…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「雪のレンガ道」

今週は、自前YouTube動画紹介ウィークとなっていてすみません、、今日は自作曲「雪のレンガ道」です。冬の寒々しくてもの悲しい風景をピアノ曲でどうにか切り取りたくて作ってみました。雪の白とレンガの赤茶のコントラストを色でイメージしていただけると嬉…

湯山昭作曲「序曲“音のデッサン”」

今日取り上げるのは、「序曲“音のデッサン”」、湯山昭さんの音楽之友社「日曜日のソナチネ」の冒頭に収録されています。この本、月曜から日曜までのソナチネが入っていて1970年に出版されて以来もう定番、ピアノ学習者ご用達、ピアノの先生も重宝しています…

雪の曲

今日は朝から雪です。 雪のあまり降らない地方に住んでいると雪が降ったらもうそれだけで大慌て!今朝もそう。 無事車が出せるだろうか、子どもたちの登下校も事故はないか、心配になります。さて今日は雪にちなんだピアノ曲を。以前ギロックの「雪の日のソ…

中田喜直作曲「走れ・ホ調」

今日取り上げるのは中田喜直さんの「走れ・ホ調」です。中田さんのピアノ曲は黄色い「子どものピアノ曲」っていう楽譜がメジャーなのだけれどこの曲は「小さい手のためのピアノ曲集」に収録されています。副題に3/4、6/8、9/8拍子のリズムの練習とありま…

ニューイヤーコンサートに行ってきました

大学の先輩である友人も出演する日本現代オペラのハイライトを集めたコンサートへ行ってきました。プログラムは 手塚治虫原作、宮川彬良作曲の「ブラックジャック」からと 尾上和彦作曲「仏陀」からと 手塚治虫原作、青島広志作曲の「火の鳥(ヤマト編)」か…

近況あれこれ 1月編

ちょっとしたことをまとめて1つの記事に詰め込みました。1つめ。 年末に冬休みの宿題と自分に課したfinaleによる自作曲の清書、当初の予定達成いたしました~! 絵をスキャンして印刷、朗読文、楽譜を、各季節ごと入れ込み式のファイルに入れ、世界に1つだ…

プロコフィエフ作曲「10の小品op.12―7“前奏曲ハープ”」

早くも通常モードでブログを書いていきたいと思います。今日はお気に入りのこの曲を。プロコフィエフが友人のハープ奏者に書いた曲です。なのでもちろんハープ版もあります。ピアノとは違った味わいでハープ版も良いです。ピアニスト、芸大の先生である森本…

2022年あけましておめでとうございます

今年は元旦からピアノを弾いていました。年末は忙しかった~。 忙しくて家のことが出来ずに家庭もギスギス、、正月になってやっと時間ができました。今年は余裕を持って時間を使えたらいいなあと思います。 でもやりたいことやらなきゃいけないこといっぱい…

書籍「フジコ・ヘミング14歳の絵日記」

今日は最近読んでいる本の紹介です。2018年公開の「フジコ・ヘミングの時間」という映画(上映されている映画館が少なくて名古屋まで観に行きました)、 それは彼女のドキュメンタリー映画でそのときに触れられていた本です。欲しかったのだけれど良いお値段…

楽譜作成ソフト「finale」使ってみました

メカ音痴でいらちな私にはとかく向いてないであろう、楽譜作成ソフト「finale」をこのたび思いきって購入、使ってみました。仕事が休みになってまとまった時間が取れるようになったので じっくり腰を据えてやってやろうと前々から計画しておりました。パソコ…

仕事納め。今年のレッスンを振り返って。

今年のレッスンが昨日で終わりました。今年のレッスンを振り返って、、別れが多かったなあ。ずっと通ってくれた子たちの卒業が多かったです。 中学生になって時間の使いかたが難しくなってきたせいもあって両立は厳しいと判断するのは仕方のないこと。でもピ…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ森の春夏秋冬」より「夏」

このたびにゃんこズの春夏秋冬の夏の絵の出来上がりを見ました。それにともなって夏をテーマにした朗読とピアノ曲作りました。秋から始めたのでシリーズ最後の曲です。いつものように朗読文を掲載いたします。(文 tomokoせんせい)【にゃんこズ森の春夏秋冬…

近況いろいろ 12月編

1つ1つはちょっとしたことで記事にするまでもない出来事、それらを1つの記事にまとめました。1つめ。 放送大学の面接授業、2週連続行ってまいりました。 1科目につき、二日に渡った90分×8コマのなかなか濃い内容。 1科目めは西洋美術史。 絵画が最近好きでク…

シューマン作曲「子供の情景op.15より“詩人のお話”」

シューマンの子供の情景から毎月一曲ずつ勝手にだらだら書いていましたが、第13曲め「詩人のお話」で最後です。13月がないので先日に続けて喋っちゃおうと思います。最後の曲は華々しく終わるのでなく、詩人がとつとつと語りかけて終わります。詩人らしく言…

シューマン作曲「子供の情景op.15より“子供は眠る”」

12月ということで 今月も子供の情景から第12曲を取り上げて喋ってみたいと思います。第12曲は「子供は眠る」。 遊び疲れて眠る子供の姿は親にとってなんて愛しいんでしょう! 起きていると目が離せなくって大変で「はあ、やっと寝てくれた」 なーんて一息も…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ大冒険より“大団円”」

先日からずっと記事に挙げています朗読とピアノの自作曲「にゃんこズ大冒険」の完結編です。既出の自作曲「にゃんこズ大冒険」をフィナーレに持ってきて完結といたしました。朗読原稿を掲載したいがためにもう一度ご紹介しました。以下朗読原稿です。(文 to…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ大冒険より“先に宝を見つけるのはどっち”」

ここのところ連続で紹介しております、自作曲の朗読とピアノ「にゃんこズ大冒険」全5曲のうち、今日は第4曲「先に宝を見つけるのはどっち」です。お付き合いいただけると嬉しいです。前回の続き、朗読原稿を以下に掲載させていただきます。(文 tomokoせんせ…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ大冒険より“ライバルどらねこ団”」

ブログにご訪問ありがとうございます。今回も続きもの「にゃんこズ大冒険」の第3場面を紹介させていただきます。第1場面第2場面、未読未視聴のお方は前回前々回も見てくださると嬉しいです。ぜひぜひよろしくお願いします。絵のキャラクターからインスピレー…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ大冒険より“出立の時”」

前回のブログで紹介させていただいた自作の朗読とピアノのための曲「にゃんこズ大冒険」の続きです。全5曲の中から今日は第2曲をお送りします。よろしければ第1曲から順に見てくださいね!とある絵からインスピレーションをもらい、自由に物語をつけました。…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ大冒険より“宝の地図”」

現在、「にゃんこズ森の春夏秋冬」という曲全4曲を書いている途中なのですが、絵描きさんのにゃんこズ夏の絵の出来上がり待ちの今日この頃。ただ待っているだけじゃなんなので、姉妹作の「にゃんこズ大冒険」を朗読とピアノの一連の曲集にリメイクすることに…

11/28放送の情熱大陸を観て

こないだの日曜放送の情熱大陸、録画したものがやっと観れました。ショパコン2位反田恭平さんの特集です。エピソードがいちいち面白い! 庶民的な感覚と飾らない人柄が彼の魅力なんだろうなという気がします。笑っちゃったのが勝負パンツのくだり。 要所要所…

浜松国際ピアノ・フェスティバル2021「ファイナル」

コンサートに行ってきました。 はるばる浜松アクトシティへ。 コンチェルト3曲というなかなかのボリュームのコンサートでした。曲目とピアニストは順にベートーヴェン4番(小井土文哉)、グリーグ(高木竜馬)、ショパン2番(牛田智大)です。ベートーヴェン…

ピアノインストゥルメンタル~自作曲「にゃんこズ森の春夏秋冬」より「春」

ご縁あってオーダー予約させていただいているにゃんこたちの春の絵の制作途中を見せていただきました。一面のピンク艶やか!にゃんこたちも春が嬉しくて飛び回っています。楽しみにしていたのでルンルン気分で曲を書きました。朗読とピアノのための曲です。…

シューマン「子供の情景op.15より“怖がらせ”」

11月ということで子供の情景より第11曲を取り上げて書いていこうと思います。この曲緩急の付け方が秀逸というか、曲を知らない人が聴くときっとびっくりしますね。 遊び心、いたずら心満載の一曲となっています。ト長調、4分の2拍子。 ABACABAからなる形式。…

レッスン受けてきました 4

レッスンに行ってきました。 曲はドビュッシーの映像Ⅱより「金色の魚」です。先生とのおしゃべりが楽しくてついついおしゃべりで脱線してしまうのですが、まずは私の手作り楽譜に注目していただき、話に花が咲きます。この曲三段楽譜で1ページに4段しか入ら…

BSプレミアム「反田恭平 ショパンを語る、演奏の軌跡」

ショパンコンクール二位の反田恭平さんがNHKで特集されていました。 見逃さなくて良かった!素晴らしい内容でした。曲を選ぶ上でこれまでの入賞しやすい曲を戦略を練って挑んだこと。 第一次予選ではセレクションのときより鍵盤が重く感じたこと。(お客さん…

近況いろいろ 11月編

1つ1つは記事にするまでもないけれど、最近あった諸々を書いていきたいと思います。 お題は最近買ったスグレモノ。1つめ。 もう購入してしばらく経つのだけれど玄関に教室のプレートを掛けました。 オーダーして作っていただいたハンドメイドのトールペイン…

ショパンエチュード「革命」分析講座に行ってきました

三河正典先生の楽曲分析の講座に行ってきました。 すごく面白かった!わかりやすくためになりました。今日取り上げられていたのはショパンの「革命」と「木枯し」、中でも「革命」を主に講義されました。c mollの属7の和音から始まります。 9小節めに解決す…