tomokoせんせいの「少し」ためになるピアノブログ

ピアノ先生歴20ン年のお母さん先生のブログです。右手2の指にジストニアを持ちつつも、9本指で演奏活動もしています。ピアノの上達はもちろん、子どもたちの心の成長のお手伝いができたら、と日々レッスンに取り組んでいます。

オタマトーンで弾いてみた~ヴェルディ「“椿姫”より“花から花へ”」

Myオタマトーンのオタマくん、やっぱりEsの音が調子悪いことに変わりはないのですが、押しきってYouTube撮りましたよ、このたびはヴェルディの「椿姫」より「花から花へ」!私が唯一観にいったことあるオペラがこの「椿姫」で、その華やかな舞台にとても豊か…

西洋音楽史を学ぶ 14「19世紀イタリア・フランスのオペラ―音楽的ドラマトゥルギーの変容」

前期受講した西洋音楽史、試験は終わりましたが最後までまとめているのでお付き合いくださいね。 今日は第14回。ドラマトゥルギーとは→コミュニケーションにおいてその場にふさわしい役割を演じることによって社会を成り立たせているという考えかたオペラ・…

今日の練習の記録

とある大学(音楽系にあらず)が所蔵するベーゼンドルファーの弾きこみに7月から再開しています。ピアノは使わないと悪くなるので定期的に弾かなくてはなりません。 泣く子もだまる(?)ベーゼンドルファーインペリアルとは2017年からのお付き合い。今日は…

シューマン「子供の情景op.15より“トロイメライ”」

子供の情景から今月紹介いたしますのは、トロイメライです。 シューマンと言えば、ですね。トロイメライは夢という意味、ドイツ語の「トラウム(夢)」から派生したそうです。 子どもの頃の夢のおはなしなのか、未来に胸膨らませた夢なのか、それは受けとる…

オタマの不調

可愛がっている(愛用している)オタマトーンのオタマくんがちょっと前から高いEsの音が不調でして、、現在、とあるヴェルディのオペラの有名アリアをアップすべく準備中なのですが、どうにもこうにも支障が出るのです。症状といたしましては、音を離すとき…

ショパンコンクール予備予選結果出ましたね

ショパンコンクール予備予選結果が発表されました。推しのかてぃんさんこと角野隼斗さん通過されました! おめでとうございます。 良かった~!また秋にも彼のショパンが聴ける!アクが強く個性をガンガン出してくるコンテスタントと違って、曲に寄り添う繊…

西洋音楽史を学ぶ 13「19世紀ドイツ:音楽の国の成立から分裂まで」

自宅受験にて試験は無事終了しましたが、最後までまとめさせていただきます。今日は第13回め。ナポレオン戦争後、39の諸邦国の連合体だったが1871年ドイツ帝国が成立、ところがウィーンが外れてしまう。 近代ヨーロッパのナショナリズムにとって音楽は極めて…