tomokoせんせいの「少し」ためになるピアノブログ

ピアノ先生歴20ン年のお母さん先生のブログです。右手2の指にジストニアを持ちつつも、9本指で演奏活動もしています。ピアノの上達はもちろん、子どもたちの心の成長のお手伝いができたら、と日々レッスンに取り組んでいます。

ABC新人コンサートオーディション

2016年にその歴史に幕を閉じましたが、件のオーディションで、若い頃、認めていただきました。

1次予選(カセット審査)、2次予選(東京、大阪)、本選(大阪)、最終ピアノ部門4名まで絞られ、残ると大阪のザ・シンフォニーホールでの新人コンサートに出演させていただけるというものでした。

新人コンサート自体も審査があり、さらに1名が選ばれ、オケとコンチェルトを弾かせていただける切符をもらえます。

本選は自分で言うのも変ですが、改心の出来でした。
邪念が入らず、多分、人生最高の演奏が出来たと思います。
結果はどうでも良くて、その演奏が出来たことで満足したことを覚えています。

本選で満足してしまったので、コンサートでは奮わず、でした。
悔いの残る演奏で、足を運んで聴きに来てくださった方々に顔向けできないと思いました。

今でもしこりになっている思い出です。

曲はバッハの「半音階的幻想曲とフーガBWV903」。
予選からコンサートまで長くに渡って演奏しました。
大事なレパートリーになるはずが、それから未だ弾いていません。

あれからかなり月日は流れました。
そろそろ傷は癒えたかな、楽譜を引っ張り出してみようかな、リハビリしようかな。